POLYSTAR news

ホームポリスターニュース中国上半期最大のセールイベント「6・18商戦」の戦い方

2021.07.19

中国上半期最大のセールイベント「6・18商戦」の戦い方

 

2021年も例年通り、Eコマース界における上半期最大規模のセールイベント「6・18商戦」(以下618と記載)が開催されました。本記事では、ポリスターがクライアント様へご提供した施策と共に、大規模セールイベントでの戦い方についてご紹介いたします。

 

618商戦について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

https://www.polystar.yokohama/media/20200612/

昨年の618商戦のレポートはこちら

https://www.polystar.yokohama/media/20200626/

 

今年の618商戦の盛り上がりは

 

 

今年の618における出展ブランド達の業績は概ね好調でした。各ECプラットフォームの公開データや販売元の業績を参照すると、依然として多くのブランドが優れた業績を収めています。しかし一方では、販売目標が達成できなかったブランドや商品も存在します。命運を分けたポイントはどこにあるのでしょうか。

 

 

618商戦におけるポリスターの支援プログラム

 

 

セールイベントを勝ち抜くポイントは、開催に備えて綿密にプロモーション戦略を立てる事にあります。ポリスターは、様々な分野のブランド(ベビー用品、健康食品、化粧品、日用品)に対して、市場動向や消費者意識を読み取り、業界やブランドに適したマーケティング戦略立案/プロモーションの企画立案/実行、販路開拓等を提供しております。

 

次項では、実際にポリスターがお客様と共に施行したマーケティング戦略をご紹介します。

 

 

クライアントA社の実例:オフィシャルチャンネルの強化で、フォロワーへ確実に訴求する。

 

 

A社は、RedやWeibo等ソーシャルメディアを活用した”種まき宣伝”を行いつつ、「Weiboのオフィシャルチャンネル」からの流入ユーザーを見込んで”TikTokのライブコマース”を数多く実施しました。ポリスターは、業界分野に応じたKOLの人選・起用を適切に行うことで、ターゲットとなる消費者へ的確に販促を行いました。結果A社は商戦初日の6月1日から大きく売上を伸ばし、Tmallにおける618全体売上の27%を占める業績を収めるに至りました。

 

 

クライアントB社の実例:618を新商品発表の舞台とすることで、より多くの注目を集めた。

 

 

B社は、イベント開始前から新商品の宣伝活動を始めました。ポリスターは、宣伝の要としてECプラットフォームを運営し、ブランドの認知度を高めるためにソーシャルメディアで広報活動を行いました。大型セールイベントでは、どのECプラットフォームもアクセスユーザーが急増します。結果、より多くの消費者へ販促する事に成功し、宣伝から販売へと高いコンバージョンレート※を獲得するに至りました。B社の新商品は、発売開始からわずか1週間で1,000件強の注文が集まりました。

 

コンバージョンレート : Webサイトが定める最終的な成果に至った件数の割合のこと。 ECサイトの場合は訪問者が商品購入に至った割合を指す事が多い。

 

 

クライアントC社の実例:芸能人を起用したプロモーションを起点に、販促効果を拡大させた。

 

 

ポリスターは、C社の新商品販促の為に、バラエティ番組“青春有你“の出演者を起用したプロモーションを行いました。結果、検索エンジンでのC社の検索数は200%上昇、青春有你のファンを中心にブランド認知度が急速に拡大し、注文が殺到しました。その後も芸能人コラボの話題を活かす事で、他のプロモーションでも消費者の意識を引き続けました。芸能人を起用するプロモーション手法は近年注目されており、案件数は昨年のW11より約30件増加していました。

 

 

最後に

618では、他社よりも早くマーケティング戦略を立てる事が重要です。どのような消費者をターゲットとするか、市場の動向はどうなるか、考えながらプランニングする必要があります。本記事では、2021年に行われた618をテーマに、ポリスターが行ったサポート内容をご紹介しましたが、既に来年の商戦に向けて動かなければなりません。

 

ポリスターは、618商戦の様な大規模セールイベントでも、各ブランドの魅力や価値を守りつつ、中国市場や消費者に合致するマーケティング手法をご提案しております。今後もポリスターは、日本企業様の大切なブランドを中国に浸透させる為に邁進して参ります。

 

 

PAGE TOP