POLYSTAR news

ホームポリスターニュース年末の中国市場動向を振り返り | 年末年始トピックニュースまとめ

2022.02.02

年末の中国市場動向を振り返り | 年末年始トピックニュースまとめ

 

中国は春節を迎え、お祝いムードに包まれています。本記事では、ポリスター公式Twitterで発信した昨年12月と1月の中国のホットニュースを振り返り、まとめてご紹介します。年末はW11に引き続きW12が開催されるなど、中国でも年末の雰囲気漂うニュースが多くみられました。その他にも春節に向けて中国の有名な食品ブランドから冬の限定商品が発売されるなど年末らしいニュースが多く見られました。公式Twitterではタイムリーにホットニュースを発信しておりますので、是非(@PolystarJapan)もご覧ください。

 

 

Tiktokが英国で初のブラックフライデー・イベントを開催

TikTokは英国で初の”ブラックフライデー”を開催した。11月25〜30日にTikTokのクリエイター達は複数の”ブラックフライデー”ライブを行い、英国ユーザーはコスメブランド商品と人気の技術製品を50%割引で購入する事が可能だった。(12月1日更新)

 

淘特がプロモーション活動の日を開催

 

11月26日「淘特」は”官方补贴日(公式補助金・プロモーション活動の日)”を開催した。本イベントは、TmallのW11後、県城の消費者を対象とした淘特のプロモーション活動である。イベント初日は、インスタントラーメン・ミルク・飲料等、”日用消費財カテゴリー”に分類される100近くのブランドに焦点を当て行われた。(12月2日更新)

 

Tmallでフリーズドライ食品分野が高成長中

Tmallのフリーズドライ食品は、消費量が3年間で300%増加しており、先日閉幕したW11では、業界売上がほぼ倍増となった。新ブランド「每鲜说」や「小冻粮」も好調に売り上げており、業界関係者は「市場規模は将来的に1,000億元(日本円で約1兆8,000億円)に達する」と予想している (12月3日更新)

 

新飲料ブランド「Bestinme」の新商品がW11で大人気商品に

新飲料ブランドである「Bestinme」が発売したオーツミルク”麦阿Me”は、12.5g以上の食物繊維が含まれている植物ベースの飲料だ。11月1日から発売を開始した本商品は、W11中ネットワーク全体で150万本以上が販売され、オーツミルク市場で大人気の新商品となった。 (12月3日更新)

 

盒馬ガーデン」がアップグレード

アリババ系スーパー「盒馬」は、雲南省で花を提供している30個の基地と契約を交わした。盒馬は全国の店舗に併設されている”盒馬ガーデン”をアップグレード、全国の14ものランク1.2都市で、260を超える店舗が対象となった。 (12月7日更新)

 

フルーツ定期便「采果猴子」がエンジェルラウンドを完了

中国のフルーツ定期配達プラットフォーム「采果猴子」は、数百万元の資金調達のエンジェルラウンドを完了。采果猴子は、定期券購入後1回の注文で新鮮な果物を毎週配達してくれるサービスだ。価格は年間プランで3,988元(日本円約72,000円)/個、52の旬な新鮮果物が週に1度受け取れる。(12月8日更新)

 

「淘宝直播」はW12で店舗向けの”自己放送特別版”を開始

「淘宝直播」は、W12で店舗向けの”自己放送特別版”を開始した。当イベントは12月1日〜14日の期間行われた。参加条件は①タオバオまたはTmallの店舗アカウントを持っている②10月1日〜31日の期間に30分以上のライブ中継を1回以上行なったことがある(図像出典:视觉中国)(12月10日更新)

 

中国政が2022年の”政年货节政年越し商品イベント)を開始

中国邮政は2022年の”邮政年货节(邮政年越し商品イベント)”を開始した。2021年12月15日〜2022年1月25日の間、「邮乐网」、「邮乐小店」、「邮乐优鲜」等の、ショッピングができるプラットフォーム中心に行われ、「スーパーブランド日」等10の企画を展開した。(12月13日更新)

 

杭州や成都に「インテリジェント出前キャビネット」が設置

食品宅配アプリの「饿了么」は、杭州/成都等に両面のインテリジェント出前キャビネット(出前用宅配ボックス※)を設置した。1日平均1,000人以上の人が利用しており、饿了么運営のデータによると宅配ボックス設立後、配達員の1回の配達時間が平均3分短縮された。(12月14日更新)

 

※※出前用宅配ボックス:出前用のポスト。配達員が出前をボックスへ入れると、消費者の携帯へパスワード付きメールが送信される。宅配ボックスへパスワードを入力する事で出前を受け取ることが出来る。直接受け取る手間が無い便利なサービス。現在中国の若者達の昼食の多くが出前であり、需要が高いとされる。

 

BilibiliがEC機能稼働に向けた準備を推進中

「Bilibili」は、ライブ中継の”小黄车(ショッピングカート機能)”稼働に向け準備を進めており、第1回目の投資がほぼ完了したとされる。同時にBilibiliは、ライブコマースを試す配信者へ流入量サポートの提供を開始するとしている。(12月15日)

 

奈雪の茶が初のブランドアンバサダー「NAYUKI」を発表

お茶ドリンク専門店「奈雪的茶」は、”メタユニバース”のコンセプトを活かし、初のブランドアンバサダーである「NAYUKI」を正式発表した。NAYUKIをベースとしたアイテムは全世界で1,000個限定発売される。さらにNFTのデジタルアートワークが300枚限定のブラインドボックス形式で販売された。(12月16日更新)

 

ブラックフライデーとクリスマスの影響で中国製品の海外輸出が加速

ブラックフライデーやクリスマスで海外からの注文がタオバオへ急増し、中国製品の海外輸出が加速した。現在TmallやTaobaoを通じ、世界200以上の国と地域へ中国製品が販売可能となっている。シンガポール・マレーシア・カナダ・オーストラリアなど中国人の人口が多い7つの国に運営拠点が設けられている。(12月17日更新)

 

無錫のスターバックスが成分表示改ざんで議論に

無錫のスターバックス2店舗が成分表示を改竄し期限切れの原料を使用していた事が報道された。市場監督部門は、市内82店舗の検査を実施。「作業帽を被っていない、殺菌記録の不備」など15件の問題を指摘・是正を命じした。(12月21日更新)

 

カナダグースが中国本土での返品サービスを最適化

12月9日夜、カナダグースの公式Weiboは”上海消費者保護委員会”の指導・支援を受け「中国本土での返品サービス」が更新・最適化されたと発表した。14日以内に無料で同モデル(異なる色やサイズを含む)の製品を交換出来る様になった。(12月22日更新)

 

成都でファーストストアが増加

2018年「首店经济(初出店経済※)」の開始以来、成都のファーストストアの数が着実に増加している。過去3年間では、合計1,335店が誘致された。黃曉明/孫藝洲/杜海濤/陳赫/蕭敬騰などの有名人が成都に飲食店をオープンさせている。(12月23日更新)

 

※ 初出店経済:その地域が持つ独自の資源を活用し、国内外のブランドの初出店を誘致する 結果ブランド価値と地域資源が最適に組み合わさる。この様な地域の経済発展にプラスの効果をもたらす経済形態を指す。

 

飲料ブランド「元気森林」がディズニーコラボの限定商品を発売

中国の飲料ブランド「元気森林」は、ディズニーとコラボした限定ミルクティーシリーズ”元氣滿滿”と新フレーバー”ココナッツ味”を発売した。本シリーズは、低糖質低脂肪かつタンパク質1.65%以上、トランス脂肪酸0%製品としてTmall旗艦店で販売されている。価格は79.9元(日本円で約1,500円)/6本(12月24日更新)

 

カクテルブランド「RIO」がシャンプーの「霸王」とのコラボ商品を発売

カクテルの「RIO锐澳」は、「霸王シャンプー」とコラボし”生姜味のカクテル”のボックスを発売して話題を呼んだ。Tmall旗艦店でのイベント販売価格は99元(日本円で約1,700円)/ケース (元々の値段は198元(約3,500円)/ケース)(12月27日更新)

 

タオバオが2021年の人気商品を発表

タオバオが「2021年のTOP10商品」を発表した。

・呉京と同じスポーツウェア

・賞味期限間近の割引食品

・人気ドラマ”覚醒時代”のグッズ 

などのアイテムがランクイン。タオバオでの販売量・前年比成長率・ネット上の話題性などを総合的に見て選ばれた。(12月28日更新)

 

猪アプリが2021年の注目キーワードを発表

飞猪アプリが「2021年注目キーワードTOP10」を発表した。

・周辺旅行

・紅色観光

・航空券のブラインドボックス

・大西北

・ユニバーサル北京開業

・eスポーツホテル

・予約観光

・航空券の返金・変更

・氷雪観光

・「中」

(12月29日更新)

 

安慕希の新商品「ヒアルロン酸ヨーグルト」

「安慕希」から新商品の”ヒアルロン酸ヨーグルト”が発表された。本商品は、蔗糖・無添加のチェリーとザクロ風味で、华熙生物30mg・ヒアルロン酸ナトリウム・ヘマトコッカス藻を配合した新製品である。(1月6日更新)

 

伊利から生牛乳と乳酸菌の新商品ヨーグルトが販売

「伊利」は新商品のヨーグルトを発売した。本商品に含まれているのは生牛乳と乳酸菌のみ、蔗糖や代用糖が一切加えられていない。商品は80g /カップ、価格は120元(日本円で約2,000円)/ 6カップ(1月7日更新)

 

中国版Tikotkのインフルエンサー22名が売上高10億円を突破

2021年抖音(中国版tiktok)インフルエンサーTOP50に選ばれた22名以上のインフルエンサーが売上高10億円を突破した。50億円を超えた羅永浩は、抖音の年間売上高1位にランクインし、3Cデータ/食品飲料/コスメスキンケアは、ベストセラーカテゴリ-となった。(1月11日更新)

 

ECプラットフォーム「The RealReal」の売上が大きく増加

高級品を取り扱うECプラットフォーム「The RealReal」は、12月売上合計額GMVが約1億5300万ドル(約176億4,000万円)を達成した。2020年と2019年の同時期と比較するとそれぞれ40%、49%増となっている。(1月12日更新)

 

中国のカラコン市場の売り上げに注目

中国のカラコン市場の売上高が100億を超えた事で、”青山资本”が2025年カラコン市場規模は500億を超えるとの予想を発表した。日本のカラコンは中国消費者に支持されており、今後発展が期待される。(1月13日更新)

 

Redが2022年におけるトレンド予想を発表

中国のSNS「Red」は、昨年のデータから2022年におけるトレンドTOP10予想を発表した。

・起業

・氷雪のトレンド

・エアフライヤーで何でも揚げる

・兴趣サイドビジネス

・都市漫遊

・環境保護

・浸漬式の体験

・新中国風のコーディネート

・冷静な買い物

・山の生活(1月14日更新)

 

安踏」が国潮の商品を発売

1月8日”年越し用品キャンペーン”では、「安踏」など複数の中国のスポーツブランドが”国潮”アパレル商品を発売した。安踏全体の受注は、前年比50%以上増加、「回力」や「特步」など中国の有名スポーツブランドの受注は最大で80%以上増加するなど、中国ブランドが飛躍的に伸びている。(1月17日更新)

 

王老吉」が限定パッケージで話題に

2022年飲料ブランド「王老吉」は「百家姓※のパッケージ」で話題となった。百家姓版の販売価格は、通常版より3倍の値段だが、月販売はすでに10万本を超えている程の人気を集めた。(1月18日更新)

 

※百家姓:子どもに漢字を教えるための学習書のひとつ。中国の代表的な漢姓を羅列している。

 

京東は初のワイン専門直営店をオープン

京東は初のワイン専門直営店を北京へオープンした。京東から直接商品を供給している。(1月19日更新)

 

KFCとPOPMARTがコラボレーション、大きな話題に

KFCとPOP MARTのコラボ商品”ブラインドボックスセット”は大きな話題となり、一度に106セット(日本円で約19万円)を購入する者が現れるほどの人気を集めた。購入と飲食を委託し、ブラインドボックスを手に入れる「食事代行」サービスを依頼する者もおり、食べきれず捨てられてしまう問題も起きているのではないかと議論を呼んだ。(1月20日更新)

 

2021年の飲料ブランド新商品統計結果

飲料ブランドの2021年新商品統計によると、もち米はタロイモピューレに次いでよく飲料へ加えられる食べ物である事が分かった。飲料ブランド「喜茶」を始めとしたブランドが相次ぎもち米関連商品を発売しており、今後スタンダードな商品アイディアとなる可能性がある。(1月21日更新)

 

スターバックスが専星送(STARBUCKS DELIVERS)の正式運用を開始

スターバックスは、食配サービスアプリ「饿了么」と3年間の独占パートナーシップを終了し、ネット出前「美団」での「専星送(STARBUCKS DELIVERS)」を正式に運用開始する。(1月25日更新)

 

新調理食品ブランド「珍味小梅园」がシリーズB+の資金調達を完了

新調理食品ブランド「珍味小梅园」は、シリーズB+の資金調達を完了した。主に「コミュニティシーン」と「バリューフォーマネー」へ重点を置いている本ブランドは、4つの製品ラインに分かれており、様々な食事シーンにおける調理食品の価値を模索している。(1月26日更新)

 

快手が年貨節の消費動向レポートを発表

快手のeコマースは「2022年 年貨節消費動向レポート」を発表した。レポートによると、深圳・上海・蘇州の順に南部のTOP3都市で年貨節の消費が最も多かった事が分かった。Z世代の消費量は、前年比254%増となり、女性の消費比率は75.6%、男性の消費比率は前年比90%となった。(1月27日更新)

 

中国の食品ブランド「今麦郎」から健康志向な新商品が発売

中国の食品ブランド「今麦郎」は、従来の油そばのカロリーを1/3に抑え、麺の吸水率を152%に高めたヘルシーインスタント麺「拉面范」を発売した。全6種類で、価格は89.90元(日本円で約1,615円)/6杯となっている。(1月28日更新)

 

伝統的なスイーツから着想を得たヨーグルトが発売

新商品「乐纯」は、伝統的デザートであるブラックフォレストケーキに着想を得た「チェリーダークチョコレートギリシャヨーグルト」を発売した。参考価格は16元(日本円で約288円)/箱、製品サイズは135g/箱。(1月31日更新)

 

中国飲食店の売上高が発表

中国料理協会の発表によると、2021年における全国の飲食店の売上高は4兆6,895億元(日本円で約85兆円)となり、前年比18.6%のマイナス成長からプラス成長へ転じた。しかし2年平均で0.5%の減少と、コロナ前の水準を下回っている。(1月31日更新)

 

 

▶公式twitter(@PolystarJapan)

平日のランチタイムに中国の最新情報を発信中。その他業界レポートや中国進出・中国市場における関連情報をツイートしております。

 

▶株式会社ポリスターお問い合わせフォーム

日中間ビジネスをサポートしております弊社では、リスク管理・市場調査・展示会出展やプロモーション、販路開拓・代理店開拓など、中国進出における様々な支援を行っております。中国ビジネスでお困りの方は是非一度お問い合わせください。

今後もポリスターでは、中国進出する日本企業様の為により一層尽力して参ります。

 

 

PAGE TOP