POLYSTAR news

ホームポリスターニュース本当は言いたくない。中国市場のホンネ。

2020.12.18

本当は言いたくない。中国市場のホンネ。

「中国市場で成功したければ、中国人の言うことを聞きなさい。」

ポリスターでは様々な日本メーカー様とお話する機会があるが、それと同時に中国側の関係者とも話をすることも多い。そこで中国側の関係者が口を揃えて言うのが、この言葉だ。

最初に聞いた時は命令されているようで驚いたが、今は納得している部分もある。ただ、この言葉の裏には様々な背景がある。そこには中国人の日本に対する思いが詰まっているのだ。

中国人は日本が大好きだ。

最初の言葉から落差があるが、これも本当の事実。

現に今年のW11で一番売れていた海外製品は日本製品だ。売れた理由はデザインや機能性、ブランド力など、今も変わらず「安全・安心・高品質」というイメージの日本製品を中国市場にきちんと提供できているのが一番大きい。加えて、今年はコロナの影響で日本へ旅行に行けないから、代わりに中国市場で売られている日本製品を求めた部分も大きい。そう、中国人は今も変わらず日本製品を求めている。

最近の中国でのアンケート調査でも、海外旅行で1番行きたい国は日本だ。今はコロナの影響でその思いは叶わないが、コロナ前のように京都や銀座など、日本で行きたい街はたくさんある。

また日本のアニメや漫画も大人気で、日本で人気のあるアニメは同時進行で中国でも人気がある。コロナ前の秋葉原は中国人で溢れかえっていた。

このように中国人は日本が大好きだ。

中国市場は日本に優しくない。

こうした状況を聞くと「そうか、日本が好きなんだ。だったら、どんな日本製品でも中国市場で受け入れてくれるのかな」と思ってしまうが、これは大きな間違い。

今の中国市場は世界中から注目される市場で、世界の名だたるブランドが続々と中国進出している。それに加えてW11で実績が良かった日本製品の多くは、日本では誰もが知る有名ブランドばかり。

「日本製品が人気なら、自社商品も受け入れられるのでは」と安易な考えで中国進出すると、中国市場から牙を剥かれるだろう。中国人が日本に対して友好的に思っていても、ビジネスでは別。それに中国市場では世界中のメーカーがライバルになる。また最近では中国ブランドの品質も格段に上がってきている。その中で日本製品だから特別視されるなどの淡い期待は持たない方が良い。逆に日本製品への期待値が年々下がってきているぐらいだ。中国市場に入れば、世界で一番シビアな市場が待っていることは現時点で分かっておいた方が良い。

中国市場で成功するために、中国人は何を教えてくれるのか。

ここまで書いておいて、正直なことをお伝えするが、中国人は中国市場で成功する方法を教えてくれない。もっと言えば「こうすれば中国進出は成功する」などのノウハウなんて無いと思った方が良い。もし、そんなノウハウを知っていたら誰にも言わず、自分でひっそりとやっている。

では、何故に「中国市場で成功したければ、中国人の言うことを聞きなさい」と言うのか。それは日本人が日本市場の状況を知っているように、中国人は中国市場の経済状況や商習慣、販売展開の仕方などの最新情報を知っているからだ。だから中国人は「中国市場のことは自分たちに聞きなさい」と言っている。ただ全ての中国人が中国市場に詳しく、ビジネスのプロフェッショナルでは無いことも付け加えておく。

では、どうしたら本当の中国市場のことを聞き出せば良いのか。

いきなり中国市場に詳しい関係者や中国人を見つけるのは難しいと思うので、今回はポリスターから少しだけ中国市場のことをお伝えする。中国進出の検討材料になれば幸いだ。

まず中国は日本の人口の約11倍。面積は約25倍だ。単純計算をしても中国市場で販売展開するための予算は日本市場の10倍は考えて欲しい。また中国市場を攻略するための綿密な戦略の立案自社製品自体を大幅に作り直さなければいけない場合もある。

そして一番大事なのは、絶対に成功させるという熱い思い。中国市場は厳しい市場だが、世界中で一番活気があり、巨大な市場であることは間違いない。そこで成功できたら、大きなリターンが返ってくるのは想像できるだろう。だからこそ「どんなことがあっても絶対に成功させる」という強い思いが必要なのだ。

 

しかし、いきなりそんなことをいきなり言われても困ってしまうだろう。コロナの影響で売上が落ちて、中国進出を検討せざる得ない不安な日本メーカー様も多い。もうちょっと中国市場の情報が欲しいというのが本音ではないか。

・今の中国ではどういう商品やブランドが人気なのか

・現状の中国市場はどういう状況なのか

・売れているブランドはどういう宣伝をしているのか

ポリスターでも日本メーカー様からよく聞かれる質問だ。こういう情報をネットで検索して手に入れようと思っても間違っている情報も多いのでお薦めしない。日本語で書かれている中国市場のWEB情報を集めても、ほとんど意味は無いと思った方が良い。もっと言えば、日本の価値観で中国市場を見ていても、本当の中国市場は分からないだろう。

 まずは中国市場に詳しい関係者や会社を探すことをお薦めする。中国市場の最新情報は中国にしかないので、すでに中国進出して実績があったり、中国支社があったりする、頼れるパートナーを見つけて欲しい。

【ポリスターお問い合わせ】

PAGE TOP