POLYSTAR news

ホームポリスターニュース新型コロナウイルス以降に初めて開催された中国の一大ECセール「6月18日(6.18)」で見えた中国EC市場の今後の動向

2020.06.26

新型コロナウイルス以降に初めて開催された中国の一大ECセール「6月18日(6.18)」で見えた中国EC市場の今後の動向

以前の記事で特集した中国の一大ECセール「6月18日(6.18)」。

・「11月11日(W11)」だけじゃない!中国の一大ECセール日「6月18日(6.18)」

この6.18が新型コロナウイルス以降に初めて開催される中国の一大ECセールになる。

そのため中国のユーザーがどのような反応を見せてくれるのか。

中国国内だけでなく、海外のEC業界関係者も注目していた。

その結果は、各大手中国ECモールの売上増大等の盛り上がりだけでなく、

中国EC市場の今後の動向を予想するような出来事が多く見受けられた。

そこで今回はその出来事の一部を紹介する。

 

 

各大手中国ECモールの売上結果

まずは各大手中国ECモールの売上結果だが、

6.18が会社設立日で、中国のEC売上シェア2位を誇る京東(JD.com)は、

セール期間(6/1~6/18)の売上額が2,692億元(約4兆649億円)を記録。

これは昨年の同じ時期と比べて、売上は33.6%増となり、また記録更新した。

そしてEC売上シェア1位の天猫(Tmall)の売上額は6,982億元(約10兆5,428億円)を記録。

天猫(Tmall)に出店する中国大手メーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」「Xiaomi(シャオミ)」「Haier(ハイアール)」などが

売上1億元(約15.1億円)を突破した。

また今年の6.18では、「Apple」が中国の一大ECセールに初めて本格的に参画。

iPhone11シリーズの値下げを行い、大きな注目を集めていた。

 

新型コロナウイルスによる消費低迷を取り戻すための販促展開

今年の6.18は2月から発生した新型コロナウイルスによる中国全体の消費低迷を取り戻すため、

各大手中国ECモールだけでなく、出店している各中国企業も販促展開を今まで以上に力を入れていた。

その中で一番目立っていた販促展開がクーポン券の発行だ。

キャンペーンセールである以上、値引きが最大の魅力。

といっても、単純に価格を引き下げるだけでは、どうしても在庫処分の印象が強い。

そこで各大手中国ECモールは大規模な値引きクーポン券を発行。

様々な種類の値引きクーポン券が発行されたが、

その中でもECモール内の商品全てに適用するクーポン券が多く発行され、

幅広い商品が割安に手に入るという戦略で、多くのユーザーを獲得していた。

大手中国ECモールによっては発行したクーポン券の総額は140億元(2000億円)を超えていたようだ。

 

今年の6.18が見せた新たなマーケット

今年の6.18では、通常でも人気カテゴリである家電、日用品、化粧品、食品、アパレル、ベビー用品等は、

例年通りに売上を伸ばしていたが、新たなカテゴリ商品が注目を集めていた。

それがC2M商品である。

C2Mとは「Consumer-to-Manufacturer」の略で、

ユーザー(個人)と生産者(工場や企業)を結びつけて、オーダーメイド製品を低価格で少量だけ製造するやり方。

大手中国ECモールの商品ページを介して、個人で注文するOEMやODMというと分かりやすいだろうか。

今年の6.18では、新型コロナウイルスの影響からマスクのC2M商品が大人気。

個人ならではの斬新なデザインや形のマスクが多く生み出された。

C2M商品は今後も伸びていくことが予想されており、既存の商品に飽き足らず、

自分だけの物を作りたいというユーザーの需要はますます大きくなるだろう。

 

今年の6.18が見せた新たなサービス

これも以前の記事で特集した「ライブコマース」が、今年の6.18でも盛り上がっていたようだ。

・中国ECでの新たな宣伝手法「ライブコマース」での商品紹介

ライブ配信に有名人や大人気KOLに出演してもらったりするのは一般化しており、

今では、その商品のメーカー社員や社長までもが出演している。

その効果は絶大で、今年の6.18で「ライブコマース」を実施した多くの商品が、

1日での売上記録を大幅に更新した。

それと今年の6.18で注目を集めていたサービスが、驚異的なスピードの宅配。

ある宅配サービスのアプリを介して、ある大手中国ECモールの商品を注文すると、

なんと1時間以内に届けてくれるサービス。

もちろん配達場所や商品にもよるが、対応できる配達場所や商品は日々増えているようだ。

広大な土地の中国で、このサービスが中国全土に浸透すれば、

中国EC市場はますます拡大していくだろう。

 

今年の6.18においてのポリスターの動き

今年の6.18に対して、ポリスターは取引先様の商品を様々な戦略をもとに、

出店している大手中国ECモールにキャンペーンセールを展開することはもちろん、

SNSでの宣伝やライブコマース等も実施した。

その結果、取引先様のどの商品も売上は計画通りに上がっていた。

このような戦略を立案するには、常に新しい情報を仕入れることが必須になる。

ポリスターは中国法人を構えており、常に新しい情報を仕入れられる体制を整えている。

それが中国進出を成功させる絶対条件の1つだからだ。

ポリスターは今後も成功につながる方法をご案内していく。

PAGE TOP