POLYSTAR news

ホームポリスターニュース9月の中国トピックニュースまとめ(8月23日~9月30日)

2021.10.06

9月の中国トピックニュースまとめ(8月23日~9月30日)

 

現在ポリスター公式twitterにて、「中国最新ニュース」を発信中です。本記事では8月23日~9月30日の一か月間に中国でニュースとなった情報をまとめてご紹介します。食品/美容/最新技術/マーケット情報など、様々なトピックで取り上げておりますので是非公式twitter(@PolystarJapan)もご覧ください。

 

 

中国の健康食品ブランド「薄荷健康」がダイエットプランを発売

薄荷健康は、プロフェッショナル栄養士チームが開発した48種類の食事を1日3食21日間続ける事で、-10キロを目指すチャレンジプランを発表した。この食事では白米約50杯分の食事を減らせるとしている。(8月23日更新)

 

果実酒ブランド「冰青」が資金調達の完了を発表

果実酒ブランド「冰青」はseriesBで数千万元の資金調達の完了を発表、累計資金調達額は1億元を超えた。冰青は青梅醸造の発酵技術と独特の食感で「火鍋を食べて、冰青を飲む」という消費シーンを作り出すことに成功し、多くの火鍋人気ブランドに認められた。8月に新フレーバーの発泡性梅酒を発売した事でも注目を集める。(8月24日更新)

 

中国の今夏の流行ドリンクはラッキンコーヒーの「ココナツラテ」

中国のコーヒーブランド”ラッキンコーヒー”が一押しする「ココナツラテ」は月1000万杯以上を売上げ、今年の夏のトップトレンドとなった。ここ半年間で20以上のチェーン店飲食ブランドがココナツを含むミルクドリンクやゼリーなどの製品を発売しており、夏の中国ではココナツブームが訪れている。(8月25日更新)

 

中国のお茶業界トレンド動向

中国のお茶業界には、伝統的なお茶・オリジナル茶飲料・ティーバッグ等、様々な種類のお茶や関連飲料商品が展開されている。”CHALI茶里”のティーバッグは、昨年11月に1日50万個以上売れたヒット商品。李佳琦氏のライブコマースでは2時間で60,000件も売り上げた。今後のディーバック市場には発展の可能性があると囁かれている。(8月26日更新)

 

賞味期限間近食品の市場規模が拡大

中国では賞味期限間近の食品を取り扱う店舗がある。2020年賞味期限間近食品の市場規模は300億元(日本円で約5090億円)を超え、消費者層26~35歳の割合は47.8%に達した。現在、期限間近食品専門をチェーン展開する企業は数10社に昇る。(8月27日更新)

 

2021年W11速報

今年のW11の前売セールは例年より早い10/21~31と11/4~10の2回を予定。本セールも11/1~3、11/11の2回を予定している。Tmall 公式発表によれば、セール期間を長めに設定し、さらなる売上向上を見込むとのことだ。(8月30日更新)

 

中国最大級のスポーツブランド “李寧”の進撃

中国最大級のスポーツブランド「李寧」の上半期の売上高は、前年同期比65%増の102億元(約1,734億円)を達成。純利益も19億6,200万元(約333億円)を記録した。新疆綿花問題で注目されたことや東京オリンピック ・時自国の伝統的要素を押し出した”国潮※”などのトレンドにより、売上増に繋がったとされる。(8月31日更新)

※国潮…中国の伝統要素を取り入れたファッション・テクノロジー・クリエイティブを指す

 

ヨーグルトブランド「卡士」が低温殺菌牛乳に正式参入

ヨーグルトブランド「卡士」は、低温殺菌した生乳製品を発売し、低温殺菌牛乳市場へ正式参入した。卡士は有機膜ろ過技術を採用しており、賞味期限は12日間・価格は250ml11.9元 (約200円)、780ml31.9元(550円)。現在一部都市のオフラインスーパーマーケット限定でテスト販売中(9月1日更新)

 

今年の618商戦「ヘアカテゴリー売上ランキング」

今年の618商戦『ヘアカラーカテゴリー売上TOP5』に、ココア/ロレアル/花王/3chenes/ビゲン の5ブランドがそれぞれランクインした。ココアはTmall公式及び海外旗艦店にて、半月で約44万箱以上のヘアカラー剤を販売。中国国内では若者を中心に自宅で髪を染める需要が高まっている。(9月2日更新)

 

中国では空前のペットブームが到来中

TAOBAOでは、毎日100万人がペットの中継ライブを視聴している。「2020快手ペットエコロジカル報告書」によると、快手の動物ショート動画の最大視聴数は1日約7億回、5.4秒ごとに中継ライブが行われている。今では人気コンテンツの1つだ。(9月3日更新)

 

中国飲料ブランド「楽楽茶(LELECHA)」がハインツ社とのIPコラボレーション商品発売

中国飲料ブランド「楽楽茶(LELECHA)」は、ハインツ社とのIPコラボレーションを実施、ケチャップをイメージしたパッケージの”番茄冰冰茶(トマトアイスティー)シリーズ”を発売した。上砂糖トマトスムージーをベースにピーチ果肉とチェリー果肉を加えたもので、1杯26元(日本円で約450円)で発売中。本商品は江蘇省/浙江省/上海で販売、その他店舗でも順次販売される予定。(9月6日更新)

 

抖音のEC学習センターに新コースが開設

抖音(中国版TikTok)プラットフォームはバーションアップ計画として新たなEC学習センターを発表した。

売り手/インフルエンザー/関連サービス業者を対象に「規則解読センター」「機能解読センター」「運営コース」等のオンライン学習コースを設置。1日に約35万人ものEC実務者が受講している。(9月7日更新)

 

光明乳業が初の女性向け機能性牛乳飲料「美の牛乳」を発売

光明乳業が初の女性向け機能性牛乳飲料「美の牛乳」を発売。美の牛乳は1本8元(195ml)約136円で、アンチエイジングに効果があるとされる美容成分(アントシアニン/コラーゲン/ヒアルロン酸)が含まれている。細分化した消費者層に対して”機能的な商品”を打ち出した事は業界内でも新しい試みであると注目されており、光明乳業の若者消費に対する洞察力の鋭さが評価されている。 (9月8日)

 

中国ヒアルロン酸動向

8月31日国産ヒアルロン酸の「御三家」である華熙生物/愛美客/昊海生科はここ半年の報告書を発表、いずれも営業利益の成長率は50%以上を達成していた。ヒアルロン酸のエンドマーケットを獲得するために価格競争が繰り広げられている 美容医療は次の人気分野となるか。(9月9日更新)

 

知能倉庫システムが稼働

8月30日人口知能による倉庫システムが正式に稼働した。これにより消費者に最も近い倉庫へ事前に越境商品を配置可能となった。倉庫は現在(華東/華南/華中/華北)等5つの中核都市に設置、商品の翌日配達の割合が最大90%増加する。消費者は各種サイトの商品ページにて予め「翌日配達」商品か確認できる仕様となっている。(9月10日更新)

 

優諾がヨーグルト分野初の秋の期間限定商品を発売

優諾は季節限定商品「キンモクセイのお酒の団子」味のヨーグルトを発売。ヨーグルト分野で初の「季節限定」コンセプトを導入したブランドとなった。中秋節や国慶節の時期に向けて発売した”秋の限定”新商品は、大きな反響を呼ぶ事が期待できる。(9月13日更新)

 

年間売上高2億元!鶏肉業界NO.1ブランド”優形”「ぱさぱさ」ささ身が人気商品に

今年の618では、優形がTmallとJingdongのささ身カテゴリーの売上高でNo. 1となった。ささ身の売上高は1,500万元(約2億5千万円)を超え、鶏肉業界での売上高は第1位となる。(9月14日更新)

 

Minayoの商品がTmallの細分カテゴリーで売上1位に

2020年8月に発売された栄養機能食品ブランド「minayo」は、発表翌月にGMV200万超えを達成、現在は単月GMVが2,000万に昇る人気ブランドだ。サプリメントラインではダイエットサプリや美白サプリを発売、機能性食品ラインでは鉄分補給グミやビタミン剤等の食品を展開し、Tmallの細分カテゴリーにて売上1位を獲得した。 (9月15日更新)

 

「ByteDance」が新アプリ「悟空浏览」を発表

本アプリは「お金を稼ぐことができるブラウザ」をスローガンにしており、ビッグデータのアルゴリズムを基に、無料小説/コンテンツ動画/グラフィック情報を統合したブラウザプラットフォームを構築出来るとされる。ターゲットは地方市場※。(9月16日更新)

※地方市場…三線以下の都市や県、農村部の市場で、中国全体の半分以上を占めるインターネット利用者が存在するとされている

 

中国三大菓子ブランド「百草味」が”中秋節ボックス”を発売

中国三大菓子ブランド「百草味」は”中秋節ボックス”を発売。伝統的な中国文化や習慣を商品へ落とし込みブランドへ温かみを与えた。また百草味は、大ヒットドラマ「乔家的儿女(喬氏の子どもたち)」で”喬二強”役の張晚意を商品の推薦人として招き、宣伝を行い注目を集めた。(9月17日更新)

 

2021年中秋のマーケティング活動トレンド

今年度の中秋におけるマーケティング活動で目立っていたブランドのほとんどがスナック菓子食品ブランドだった。各ブランドは斬新さや価値の向上を図るために様々な施策を行っており ①共享広告※によるゲームをリリース②有名人とのコラボや国潮など流行に乗る③映画制作④商品のブラインドボックス化などがみられた。(9月27日更新)
※ 共享広告…プラットフォーム上の広告や顧客のリソースを集めたもの。プラットフォームを通じた広告で自社製品の宣伝を行う事で、正確且つ安価に顧客の流入数を獲得出来る
 

中国のQ&Aサイト”Zhihu”が平均月間アクティブユーザー数1億人を突破

発表した 財務報告書によると、過去2年間における18歳-25歳の月間平均アクティブユーザー数は40%以上、 売上高は前年同期比144.2%増で6億3,840万ドルを達成し、売上総利益率は前年同期の48.4%→59%増となった。(9月28日更新)
 

2021年度W11(独身の日)速報

京东は10月20日20時より「ダブル11」の先行販売を開始する発表を行った。例年より4時間早い開始開始となり、消費者は夜更かしせずに早めに購入することができる。消費者は開始日に前金を支払うことができ、残金は10月31日20時〜支払可能となる 11月14日まで行われる模様だ。(9月29日更新)
 

南小貝が店舗拡大中

“蒙牛”の傘下 ブランド”南小貝”(ミルクティーショップ)が積極的に店舗を拡大中。ブランドの開発計画では2022年に500店舗、2023年に1,500店舗、2025年に5,000店舗という目標を掲げている。(9月30日更新)
 

 

 

▶公式twitter(@PolystarJapan)

平日のランチタイムに中国の最新情報を発信中。その他業界レポートや中国進出・中国市場における関連情報をツイートしております。

 

▶株式会社ポリスターお問い合わせフォーム

中国進出をお考えの日本企業様の疑問点解消や、進出された企業様が抱える問題解決等、トータルサポートを行っている弊社では、お客様に合わせた施策やサポートをご提案しております。上記リンクよりご相談ください。

 

今後もポリスターでは、中国進出する日本企業様の為により一層尽力して参ります。

 

 

PAGE TOP