POLYSTAR news

ホームポリスターニュースTmallヘルスケアトレンド白書解析 | 中国のオンラインヘルスケア市場におけるヒット商品分野とは

2021.11.12

Tmallヘルスケアトレンド白書解析 | 中国のオンラインヘルスケア市場におけるヒット商品分野とは

 

中国では年々健康意識が高まりを見せており、ヘルスケアは注目すべき分野のひとつです。第一財経商業数据中心(CBNData)が発表した「Tmallヘルスケアトレンド白書」を基に、オンラインにおけるヘルスケア市場の今後の発展や製品のトレンドを「医療機器市場」「コンタクトレンズ市場」「栄養補強食品市場」「サプリメント市場」の4つに分けて分析していきます。

 

※第一財経商業数据中心(CBNData)は、昨年アリヘルスと共同で「Tmallヘルスケアトレンド白書」(以下、白書)を発表。本記事ではCBNDataの消費データとアリヘルスのデータを組み合わせて分析する。

 

医療機器市場

中国は世界第2位の医療機器市場です。現在、医療機器製品を購入し自宅で使用する事が新たなトレンドとなっています。2019年のオンライン関連市場における人気カテゴリーは、医療用のパーソナルケア製品・理学療法機器(お灸など)・医療用フェイスマスクでした。

 

 

・医療機器の消費者層分析

医療機器の消費者層の多くは、依然として女性が多く、中高齢者が占めている一方で、Z世代層も規模が急速に拡大しています。また、関連ケア商品を含む医療機器は近年一般家庭でも扱いやすいものが増えており、日用消費財へと変化しつつあります。それに伴い、消費者達はパッケージや商品の見た目を重視するようになりました。

 

 

コンタクトレンズ市場

コンタクトレンズ市場では、全てのセグメントカテゴリーが2桁成長を達成しました。中でもカラーコンタクトレンズが市場を席捲しており、日本ブランドと中国ブランドが欧米ブランドのシェアを圧迫しつつあります。また、これまで人気があったブランドの影響力が弱まり、ニッチであったブランドが台頭する傾向が見られています。

 

 

・コンタクトレンズの消費者層分析

コンタクトレンズ市場は新規顧客が40%以上を占めており、中でも90後(※1)と95後(※2)の女性が中心に購入しています。市場は大都市圏から3、4ランク都市(※3)へと広がりつつあり、新規顧客の4割以上が3ランク以下の都市の人々です。メイン消費者層は若年層で、90後と95後たちの消費量が7割近くを占めています。

消費者層の中心が若年層となっているため、ソーシャルメディアでの口コミ拡散やインフルエンサーによる販売促進などのマーケティング手法が、消費者によく受け入れられています。

 

※1…90後:1990年以降生まれを指す

※2…95後:1995年以降生まれを指す

※3…3、4ランク都市:中国では都市レベルをそれぞれ区分している。3、4ランクの多くは農村や田舎である。

 

 

目の健康市場

近年、更に目への健康意識が高まっています。それに伴い目の健康に関連する商品が人気を集めています。注目される商品カテゴリーは以下の通りです。

・医療用の目の冷湿布

・医療用アイクリーム

・機能性眼鏡

・視力回復機器

・機能性アイマスク

・機能性アイパッチ

 

 

栄養補強食品市場

Tmallは栄養補強食品のオンライン販売において、主要なプラットフォームとなっています。中でも「ツバメの巣」は人気商品として、栄養食品市場シェアでトップとなっており、続いて”参茸”(Ginseng antler)と”鹿茸”(pilose antler)(※)も高い成長率をみせています。商品を購入する際、多くの消費者達は機能性・即効性・産地・品質などを特に気にしており、老舗の商品を選ぶ傾向にあります。

 

※…”参茸”(Ginseng antler)と”鹿茸”(pilose antler):どちらも生薬。鹿の角。

 

 

・栄養補強食品の消費者層分析

都会の銀髪族(※)及びハイエンド志向を持つ母親層は、栄養補強食品市場における主な消費者達です。しかし、健康機器市場と同じく全体的な消費者層へ若年化の傾向が見られており、95後の消費者は特に消費のポテンシャルが大きいと考えられています。ハイエンド志向を持つ母親層は、美容の為の栄養食品を好み、若年層はスポーツ栄養食品を好んで購入しています。

 

※…銀髪族:高齢者を指す。

 

 

サプリメント市場

中国のサプリメントカテゴリーには、大きな発展の余地があるとされています。近年「天猫超市(※1)」及び「阿里健康大药房(※2)」において、サプリメント商品の販売が急速に拡大しています。スポーツ分野と胃腸薬分野における栄養剤が圧倒的に大きい市場規模を形成する一方で、睡眠の質改善を目的としたものや男性向けの栄養剤等の分野も大きく伸びています。

 

※1…天猫超市:Tmallのスーパーマーケット

※2…阿里健康大药房:アリババが自営する薬局

 

 

更なるヘルスケア分野の可能性について

中国ブランドは、ニッチな機能性を持つ商品のセグメント市場でポテンシャルを発揮しています。特に免疫向上・骨の強化・心血管管理などのセグメント市場に急速な成長が見られています。先進国と比較し、中国の「特殊医療用健康食品」と呼ばれる市場は、未だ70%の需要が満たされておらず、無限の可能性を秘めています。

 

 

まとめ

中国では年々健康意識が高まりをみせており、今後ヘルスケア分野は大きく成長していく事が予想できます。本記事では、オンライン市場における注目のヘルスケア分野の紹介と消費者層を中心にご紹介しました。今後もポリスターでは、中国の市場分析やトレンドの情報発信を行っていきます。この度の記事が、中国進出をする日本企業様の一助となる情報であれば幸いです。

 

 

PAGE TOP