POLYSTAR news

ホームポリスターニュース2020年中国市場 ライブコマース業界調査レポート

2021.02.19

2020年中国市場 ライブコマース業界調査レポート

2020年は中国市場にとって「ライブコマース飛躍の年」と言って良い程の急成長を見せた。数字だけでなく、様々な方法で利用される多様化も見受けられ、まだまだ多くの可能性が潜んでいる。

そこで今回は2020年中国市場でのライブコマースの振り返りと、これからの可能性を図や解説と共により詳しく紹介する。

本記事のデータは、中国で有名な調査会社「CBN DATA」「TaobaoライブコマースON MAP」から一部を引用している

 

「2020年はライブコマースの利用者が拡大、市場規模が急成長」

【図の説明翻訳】

2020年の年始から発生した新型コロナウィルス感染症の拡大による外出制限の影響から、デリバリーやECショッピングの利用率が飛躍的に増え、ECビジネスが急成長した。その中でも目覚ましい急成長を遂げたのがライブコマース。2020年の第二四半期(4月~6月)にはライブコマース配信者は約3億人に達し、前期比の成長率16.6%となった。

2020年のライブコマース業界市場規模は約1兆500億元(約16兆8000億円)の規模に達する見通しで、2021年は約2兆元(約32兆円)まで成長すると予想される。

 

中国市場で販売展開をする場合、ライブコマースは販売手法で必須となっている。しかし、従来通りのライブコマースは販促効果が微妙になってきているのも事実。2021年は商品の本質やターゲットの心理も考慮した、オリジナリティのあるライブコマースが求められる。

 

 

「2020年のライブコマーストレンド情報①:人気トップクラスのライブコマース配信者たちは、ライブコマースの枠を飛び越え、様々な分野や著名人とコラボするなど、人気アイドル化してきている。」

【図の説明翻訳】

現在、ライブコマースで大人気の配信者「李佳琦」「薇2016年からライブコマースをスタートさせて、その後ブレークを果たし、遂には大スターへと上り詰めた。今、彼らのライブコマース配信には数々の有名人が登場する。その他にも中国での大型イベントショーやTVパラエディー番組にも出演。ファッション雑誌やビジネス雑誌の表紙にも取り上げられるほどの人気ぶり。

 

これらの人気は日本でいうYouTuberを想像してもらえれば分かりやすいだろう。彼らに商品の宣伝を依頼すれば、売上向上の効果が出ると思われる。ただ彼らの宣伝サポート費は人気と共に高騰している。2021年もライブコマースの大人気配信者の宣伝サポート費は益々高騰していくだろう。その中で、今の状態から何が一番効果的かを見極める必要がある。ライブコマースを含めて、自社にとって最善の方法を試行錯誤しながら続けた先に良い結果が待っているだろう。

 

 

「2020年のライブコマーストレンド情報②:人気トップクラスのライブコマース配信者たちは、販売方法も進化させており、様々な著名人とのコラボなど、売上アップに貢献している。」

【図の説明翻訳】

人気トップクラスのライブコマース配信者たちは、様々な分野や著名人とコラボして、ライブコマース配信の参加者を増加させるだけで無く、購入意志決定の後押しにも効果を出している。人気ライブコマース配信者「薇の場合は、「著名人とコラボ出演した回」と「通常の回」と比べて約1.3倍の売上となっている。 最近では人気女優「高圓圓」と人気ライブコマース配信者「李佳琦」と某ブランドとの三者コラボを実施して、効果を出している。「著名人×人気ライブコマース配信者」のコラボの広告効果は、「著名人×ブランド」のコラボの広告効果より、遥かに効果が出ているようだ。

 

最近はコラボするブランドも有名ブランドが増えてきている。また商品の単価も高騰しており、今までは日用品や化粧品、健康食品などが多かったが、自動車や不動産、ロケットまでもライブコマースで売られるようになってきている。2021年はモノだけでなくコトの販売にも注目されている。著名人から直接学べる券や食事が一緒にできる券など、新たなニーズが出てきている。こうした需要にも注目していると日本製品の新たなヒットもまだまだ期待できる。

 

 

「2020年のライブコマーストレンド情報③:ライブコマース配信者に異色の業界人も参入。農民やシニア層も参入。」

【図の説明翻訳】

ライブコマースの多様化が進む中、最近は農民やシニア層の配信者も増えてきている。そのことにより農民やシニア層にもライブコマースを浸透させるべく、各プラットフォーム管理会社も積極的にサポートしている。

 

2021年は中国市場の中で、農村部やシニア層の需要獲得が多くの企業の命題になっている。まずは農村部やシニア層の調査が必須。幅広い視野で調査することをお薦めする。中国市場で、すでに広まっているだろうと思える製品にまだまだ需要が存在する可能性もある。これらの情報を的確に見定められることが、農村部やシニア層の需要獲得にもっとも重要になってくる。

 

 

「2020年のライブコマーストレンド情報④:人工知能(AI)を利用したライブコマース配信者が急増中。それに伴い、夜間でのライブコマース配信も増加している。」

【図の説明翻訳】

2020年の下半期以降、人工知能(AI)を利用したライブコマース配信者を起用して、ライブコマース市場に参入する企業が相次いている。AIを利用することにより夜間配信など、企業のスタッフが稼働できない空白時間も実施することができ、夜間のニーズにも対応している。また人工知能(AI)を利用したライブコマース配信の効果は、全体のライブコマース売上向上にも貢献している。

 

ライブコマースの需要拡大が、人工知能(AI)活用まで広がっている。2021年は中国市場でもライブコマースも含めて、人工知能(AI)活用が更に広がっていくと予想される。その中で、指示をする人間がどのような方向性を示すかが重要になってくる。

 

 

来年も中国市場でライブコマースの需要は拡大していくだろう。そしてクオリティの高さも求められる。そこで何も分からないまま始めるのはお薦めしない。企業毎の中国市場での状況を踏まえて、ライブコマースを行うことが最も重要になる。タイミングを見誤るとブランドイメージの毀損に繋がるようなことも起きる為、自社の商品やブランドに合ったライブコマースを行ってほしい。その為、まずは中国市場の状況が分かるプロに相談することをお薦めする。

PAGE TOP