POLYSTAR news

ホームポリスターニュース週刊粧業(1/25付):ポリスター代表松野のインタビューが掲載されました。

2021.01.25

週刊粧業(1/25付):ポリスター代表松野のインタビューが掲載されました。

この度、弊社代表松野のインタビューが週刊粧業(1/25付)に掲載されました。

今後も、クライアント様方が中国での販売展開の成功にお役に立てるようポリスター一同、一層尽力してまいりたいと思います。

 

記事内容は以下になります。

日本メーカーの中国進出をワンストップでサポートするポリスターでは、ブランディングや販路開拓、リスク管理など包括的なサービスを提供することで、日本メーカーの想いや販売方針を考慮した販売戦略をオーダーメイドで策定し、中国における確かなブランド価値の創出と継続的な成功を目指している。

中国では、コロナ禍におけるロックダウン実施によりEC市場が大幅に拡大し、今後もますます拡大していくとみられる。また、新型コロナウイルスの早期封じ込めに成功したことで、2020年度は他国がマイナス成長を記録したのに対し、中国はプラス成長を実現した。

新型コロナウイルスの拡大は、日本経済に大きな打撃を与え、新たな事業展開に消極的になる企業が多いが、こういった大きな危機はチャンスでもある。

中国は、EC市場の売上が大きく伸び、現在も市場規模が拡大し続けていることから、「成長市場」だといえる。成長市場においては、様々な企業に成功のチャンスがあることから、今こそ、中国でのEC事業に参入していくべきであり、すでに、好調な中国市場に着目した各国の企業によってマーケットシェア獲得の競争が始まっている。そういった中、既存の商品をEC展開するだけでは成功は難しく、他商品との差別化を図るためにブランディングにも注力する必要があるが、当社では、包括的な中国支援サポートの中で、ブランド価値の創出を目指したプロモーションのサポートも行っている。

中国人の消費者心理を捉えつつ、基本的な戦略をしっかりと固め、ターゲット層が集まる媒体でプロモーションを行うことで、認知拡大・ブランド価値の向上を目指すとともに、地道にファンを積み上げるための施策も実施し続けることが重要だ。

今後は、中国でのEC販売に必要な独自のサポートをやっていく中で、成功事例を増やしていき、今まで難しいと思われていた中国進出のハードルを下げる一役になる。それを目指していく。また日本メーカーの中国進出だけでなく、中国のメーカーが日本へ進出するためのサポートを行っていくことも考えている。

「これからはアジアの時代が来ると言われる中で、日本と中国の融和は重要であり、そのバランスが大事。弊社はビジネスを通じて、両国間の関係融和の一助となっていきたい。」(松野社長)

https://www.syogyo.jp/news/2021/01/post_029884

週刊粧業(2021/01/25 付)

【ポリスターお問い合わせ】

PAGE TOP