POLYSTAR news

ホームポリスターニュース中国最大級の化粧品・美容用品の展示会CBE2020が大盛況で終了!テーマ「美と健康」と共に進化したCBE2020を振り返る。

2020.07.17

中国最大級の化粧品・美容用品の展示会CBE2020が大盛況で終了!テーマ「美と健康」と共に進化したCBE2020を振り返る。

2020年7月9日から7月11日にかけて「CHINA BEAUTY EXPO(上海・中国美容博覧会)」が開催された。

今年のテーマは「美と健康」。

開催地は例年同様「上海新国際博覧センター」。同じ会場規模で行われた。

当初は2020年5月に予定されていたが新型コロナウィルス感染症の影響で延期され、

どうなるのかと思っていたが、延期した日程で無事に終了した。

前回の記事でもお伝えしたが、当初の予想よりも多くの人が来場してくれたようだ。

・速報!中国最大級の化粧品・美容用品の展示会CBE2020が開幕!

 

 

今年のCBEは新たな挑戦や特別な思いがあった。

まず25回目の開催で、初めてCBEが公式にオンライン展示会を実施したこと。

今までは出展しているブランドがブースごとで独自にオンライン対応はしていたが、

今回はCBEが特設ページを設け、閲覧・問い合わせなどができるようになった。

オンライン展示会で参加した化粧品・美容用品業界の関係者も多かったようだ。

また新型コロナウィルス感染症の影響で売上が下がった分、主催者側や出展企業だけでなく、

お客様も含めて皆で盛り上げようとする雰囲気が終始感じられた。

色んな思いや熱気が込められた今年のCBEは大盛況のうちに終了した。

 

今回の記事では、今年のCBEで見られた中国の化粧品・美容用品業界の傾向や動向をもとに、

これから予想される中国市場の展望を紹介していく。

 

 

様々な場面で見せた技術革新

今年のCBEでは製品はもちろんCBEの運営方法など、様々な点で技術革新を感じることが多かった。

前文でも取り上げたが、CBEが初めて公式にオンライン展示会を実施。

各ブランドブースでも今まで以上にライブコマースを行うブランドが多く、ブース来場者も急遽参加など、

展示会ならではのオンライン展開をするブースが多くあった。

それだけでなく展示されている製品も技術革新を感じるものが多く見られた。

特に「アンチエイジング」関連製品では、効果が期待される新成分をいち早く配合した製品や、

新技術によって誕生した製品など、中国の化粧品・美容用品業界全体の大きな進歩を見せてくれた。

また開催期間中に毎回恒例で行われる「国際美容技術カンファレンス」では、

中国ではエステの利用者が年々増加しており、美に対する意識が中国全体でより一層高まっていることを強調していた。

その傾向に比例して美容業界の各メーカーも開発に力を入れており、研究者や技術者も大幅に増やしているようだ。

中国の化粧品・美容用品業界の技術革新はどんどん加速しており、

近い将来、中国から革新的な製品が生まれてくるのは間違いない。

 

今年注目のキーワード「健康」と見直される「安心・安全」

今中国では、今年のCBEのテーマ「美と健康」でもあるように、健康志向の方が年々増えている。

その傾向に反映した製品が多く展示されていた。

今までは、日本ブースだけで多く見られた健康食品や天然成分配合の化粧品などが、

他のブースでも見られるようになり、参加者や関係者からも大きな注目を集めていた。

日本製品が中国で求められる一番の理由である「安心・安全」が健康志向の流れで改めて見直されているようだ。

日本同様、中国でもこれから迎える高齢化社会が大きな社会問題となっているので、

アンチエイジングと共に、健康を意識した製品の需要はこれから上がっていくだろう。

そして「安心・安全」な日本製品の需要も増えていくだろう。

 

消費者のニーズの細分化と製品の多様化

今年のCBEは全体的にもバラエティ豊かな製品が多く展示されていた。

ピンポイントの悩みに対応した化粧品や一瞬見ただけでは用途が分からないようなデザインやパッケージの製品など、

消費者のニーズを細部まで意識した新製品が続々と登場していた。

今の中国市場は消費者のニーズが細分化しており、それに対応するために製品が多様化しているのだ。

それだけではなくバラエティ性やエンターテイメント性など、製品の用途以外の価値を求めるようになってきている。

この傾向は今後も続くだろうし、日本の10倍以上の人口がいる中国でのニーズの細分化は、

日本以上に複雑になっていくだろう。

ただ細分化したニーズをしっかりとらえれば、ニッチな製品だとしても日本の10倍以上の数字が上がる。

そのニーズをどのように調査して、情報を得ていくが、今後の中国市場で成功する大事な戦略の一つになってくる。

中国市場はこれからも多くの可能性があり、まだまだチャンスがあることを、今年のCBEで改めて感じさせてくれた。

 

CBEを通して、ポリスターができること。

来年もポリスターはCBEに専用ブースを設ける予定だ。

何故なら中国の化粧品・美容用品市場を開拓するためにはもちろん、

最新の中国市場を実際に感じることができる重要な展示会だからだ。

だが「とりあえず出展する」だけでは何も意味は無い。

出展する際にどのような見せ方をするか、開催時にどのような応対をするかの戦略が必ず必要になってくる。

それだけではなくブースに人が来てくれないと意味が無いので、集客方法や人脈も大事になってくる。

また開催後の来場者に対して、どのようにフォローするのかも重要だ。

他にも、出展前には毎年のCBEの傾向や中国市場の傾向などの情報も必要だ。

これらをポリスターは全て兼ね備えており、日本メーカー様に最大限の出展サポートをしている。

その中で一番大事にしているのが、日本メーカー様の思いやブランドイメージを中国市場にしっかり伝える事。

ただ言葉を翻訳するのではなく、思いもしっかり翻訳する。

日本でやってきたブランディングを中国市場でも活かせるように、作業のサポートだけでなく、

日本メーカー様の心もサポートするのがポリスターの仕事の一つである。

ポリスターはこれからも日本メーカー様が成功するための最適な支援をしていく。

PAGE TOP